千葉県の家庭教師

千葉県の生徒さんへプロ家庭教師のジャンプからのお知らせ

6月の花嫁は幸せになれる?

2013/06/04

5月29日に関東地方が梅雨入りしたとみられるとの
気象庁の発表がありました。
今のところ、あまり雨は降っていませんが、
この時期は熱中症や食中毒に気をつけて過ごしたいですね。

さて、6月。英語で言えば「ジューン」です。
「ジューンブライド」という言葉があります。
6月の花嫁は幸せになれると言われているものです。

でも6月は雨の多い時期。結婚式の日も雨である可能性が
高く、結婚するにはあまり良くなさそうな気がしますが
なぜ「ジューンブライド」という言葉があるのでしょうか。

もともとこの言葉はヨーロッパで生まれた言葉です。
6月に雨が多いのは日本の話。
気候帯でいうと同じ「温帯」に属する日本とヨーロッパですが、
ヨーロッパには梅雨がありません。
夏の降水量が少なく、冬に多く雨が降るのが地中海式気候の特徴です。
ヨーロッパでは、6月は雨が少なく、
式を挙げるのにも向いている時期と言えます。
また、農作業も一段落する時期で、そういう意味でも都合がいいのです
(気候以外にも神話の中の女神ジュノーにあやかったという説もあります。
 興味のある人は調べてみてください)。

日本のジューンブライドに関しては、梅雨の時期には婚礼から
客足が遠ざかりがちなので、ヨーロッパの風習を紹介することで
業績の良化を計ったというブライダル業界の狙いもあったのでは
とも言われています。

日本とヨーロッパ。
似たような気候でも場所によって、降水量が多い時期が異なる
というのは面白いですね。

プロ家庭教師のジャンプ | 受験・不登校・発達障害・資格取得