千葉県の家庭教師

千葉県の生徒さんへプロ家庭教師のジャンプからのお知らせ

徹底管理した計画的学習で勝ち取った志望校合格

2015/06/19

市川市在住のFさん(中3)は、明るく、フレンドリーな性格の女の子でした。

物事を計画的に取り組む事が苦手で、提出物も期限ギリギリに一気に仕上げて何とか間に合う状態でした。

英検受験で訪れた際、学校の雰囲気が良く、制服も可愛いので本人が気に入り、また、ご家族も教員の方々の対応が良く、面倒見が良さそうなので進学させたいとの理由で、安田学園高等学校への進学を希望していました。

最寄り駅前には個別指導塾があり、以前はそちらに通っていましたが、同級生等も多く、周囲が気になるため、落ち着いた環境でしっかりとした入試対策をしたいとプロ家庭教師のジャンプに入会しました。

数学、英語を中心とした指導でした。

私立単願志望だったので、学校の成績を上げるために、授業内容を先取りし予習をすることで、学校の授業を復習として活用できるよう意識した指導を心掛けました。

また、美術、技術家庭科、保健体育といった専科の指導も行いました。

夏休みには、一般受験や入学後の実力試験も意識して、1・2年生の復習に努めました。

まとめノートを軸に基礎知識を固め、単語練習プリント、文法の復習プリント等を活用して応用力を養い、学校の問題集を宿題にして反復学習を徹底させました。

学校のワーク等の教材も学校に置いたままにしてしまうことが多かったので、家庭学習を充実させるためにも日割りの課題が終了したら写メールやファックスで即日提出してもらい、日時の学習にも緊張感を持って
取り組んでもらうことを意識しました。

お互い打ち解けてくると、色々と話をしてくれるようになったのですが、休憩時に趣味の話になると止まらなくなる事がありました。

そのような時は、指導に差し障らないように「何分までね」「じゃあその続きは今度聞かせてね」と言って区切りをつけるようにめり張りを大事にしました。

計画的な学習の充実を第一に取り組んだ結果、安田学園高等学校に合格することができました。

とても素直で、指導しやすく、理解力のある生徒でしたが、マイペースになりすぎて計画性が乏しい面もありました。

指導する側も生徒に任せすぎず、油断をせずに日時的にきちんと管理しないといけないと痛感しました。

プロ家庭教師のジャンプ | 受験・不登校・発達障害・資格取得