千葉県の家庭教師

千葉県の生徒さんへプロ家庭教師のジャンプからのお知らせ

視覚的時間管理術で志望校合格

2015/08/21

市川市に住むOさん(高2)は、美術部の活動に打ち込む明朗活発な生徒で、デザイン科のある四年制大学の推薦入試を志望していました。

そのため、学校の内申点を意識した勉強が求められていました。

最寄り駅の前には塾がありましたが、

計画的に物事を進めることが苦手なので、生活面も含め、マンツーマンでしっかり指導して欲しい!

との理由から、プロ家庭教師のジャンプに入会しました。

特化して指導した科目は数学でした。

基本的な知識や公式を確認しないまま応用問題を解こうとしており、

わからない、解けない…

と焦っていました。

そこで、

数学もまずは暗記から!

と指導しました。

意外に思ったのか、とても驚いていました。

問題を解くために必要な解法を正確に覚えることから始まるんだよ。

基本的な問題は解法を知っていればすぐ解けるし、応用問題も基本的な知識や考え方が身に付いていれば解くための糸口が見つかりやすいんだ。

と話しました。

早速、基本的な問題を例に、覚えた公式を使って解いてもらいました。

あっ!できた…!

あやふやな知識が正確に理解され、インプットされると、いとも簡単に例題を解くことができました。

例題を使って解法を説明し、暗記し、実践する。

課題として類題を解き、理解を深める。

毎回指導の冒頭では小テストを実施し、緊張感を維持しつつ、知識の確認を行ってから新しい単元に入る。

ことを繰り返しました。

また、受験に照準を合わせて計画的に勉強を進めることを課題としていたので、ジャンプオリジナルの年間シートを使って、入試までの勉強の運びを視覚的に明らかにしました。

更に週間シートで1週間の勉強内容と生活リズムを書き出しました。

目に見えてやることがわかると動きやすい!

と効率良く日々のスケジュールを管理し、こなせるようになりました。

宿題や提出物に関しても、把握できる限り一覧表にまとめ、完了したものにはチェックを入れるようにしました。

時間の使い方を意識できるようになると、生活面でも変化が見られました。

これまでズルズルと止められなかったテレビやゲームと言った娯楽の時間も、

○○分まで!
この番組だけ!

と言って切り上げられるようになりました。

生活リズムを見直し、時間の使い方を工夫した結果、内申点アップ!

志望大学の推薦基準を満たし、千葉工業大学工学部デザイン科学科に合格することができました。

自分の将来を考え、受験と向き合って進路を切り開いてくれた生徒の力と成長を嬉しく思います。

プロ家庭教師のジャンプ | 受験・不登校・発達障害・資格取得