小中学生の6.5%が発達障害?「発達障害専門の家庭教師」

個別指導

adhg.jpg

小中学生 6.5%に発達障害の可能性

文部科学省 「通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査結果について」によると、普通学級に通う公立小中学生の6.5%に発達障害の可能性があるという。つまり、40人学級で1クラスに2~3人が「読む・書く」が苦手、授業に集中できないなどの課題を抱えていることになる。

また、38.6%は「個別指導」などの支援は受けておらず、学校内で支援が必要と判断された児童生徒(18.4%)でも6%が無支援という。

発達障害を個性ととらえ、社会適応を視野に

近年、「学習障害・発達障害」に関する相談が増え、弊社では2008年ごろから社員のプロ家庭教師の養成や不登校や学習障害の対応ができる人材の育成を行なっており、ようやくお客さまのご要望に添える教師を派遣できるようになってきました。

もちろん学校の授業に遅れないようについていけるようにするといのも家庭教師の仕事ですが、持病や障害を抱えている生徒さんの場合、勉強ができるできないということの前に、人と接すること社会人として仕事をしていけるのだろうか?といった共通の悩みが各ご家庭にあります。

まだ地域によっては手薄なところもござますが、今後もより一層充実させ、お悩みを持つご家庭の力になれるよう努力して参ります。お困りの際はお気軽にご相談ください。相談料はかかりません。

l学習障害・発達障害のプロ家庭教師 LD、ADHD

プロ家庭教師・不登校訪問専門員の育成

プロ家庭教師「発達障害、学習障害への対応」

LD、ADHD、自閉症、ダウン症候群、視力障害、聴力障害、アスペルガー症候群など、「障害(がい)」といっても症状は様々で、個人差もありますので一人一人に応じた適切な対応を行うことが大切です。単に勉強を教えるだけでなく、生徒さんが社会活動に必要な知識や技術を身につけてもらうことなども活動の一環と考えています。また、一般社団法人ひきこもり支援相談士認定協議会が認定する不登校訪問専門員のライセンスを取得し、不登校問題へも取り組んでいます。

学習障害・ダウン症・自閉症の無料相談
フリーダイヤルにて詳細・金額・価格ををお問い合せください
家庭教師が自宅学習をしっかりサポート 小学生コース 中学受験コース 中学生コース 高校生コース 無料体験 資料請求 プロ家庭教師 不登校の統計と定義まとめ 不登校・学習障害 LD 中学生の苦手科目克服コース 家庭教師のジャンプを選んだ理由は?

こんな生徒さんに最適です!

  • 学校の授業についていけない
  • 部活と勉強の両立が難しい
  • 塾に行っても成果がでない
  • 塾への夜道が不安だ
  • 勉強のヤル気がでてこない
  • 定期テストの成績を上げたい
  • 学校に行くのが嫌になった
  • 偏差値30台からの受験
そんな生徒さんにおすすめ TV-CMを見る