東京都の家庭教師

東京都の生徒さんへプロ家庭教師のジャンプからのお知らせ

不登校から都立高校へ

2015/04/10

新たなスタートを切るにふさわしい季節となりました。
プロ家庭教師のジャンプにもたくさんの春が訪れました。

今回はその中でも、いじめや不登校の苦しみから立ち上がり、見事志望高校に合格した生徒さん(T君)を紹介します。

都内の私立中学へ通うT君はサッカー部で活躍し、勉強も頑張る少年でした。

しかし、これまで順調だった勉強に遅れがみられ、次第に自信を失っていったT君は、中2の秋から不登校となりました。

中3になり、しばらくは楽しく登校するも、再び不登校に…。
原因は、部活内でのLINE上のいじめでした。

このまま将来を不意にしたくないとの思いから、プロ家庭教師のジャンプに入会されました。

中高一貫校に通っていたため、順調であればそのまま高等部へ進学できたのですが不登校により勉強も遅れてしまったことや、周りの友人との関係が悪化したこともあり、勉強に真面目に向き合いたいというT君の意思を大事にするためにも、私はメンタルケアや目標設定(どこの学校に進むのがベストか)といった学習環境を整えることに力を入れました。

高校選びでも重要な学校見学を提案したことがきっかけで、T君は「志望高校に合格したい」と言葉にするようになり、勉強量も増えていきました。実際に高校へ足を運び、生の生徒たちと接することで、近い将来の自分像がイメージ出来たのだと思います。

目標ができると、日増しにT君も積極的に学習してくれるようになり、生活態度も例えば家族との折り合いがつくようになったり乱れていた生活リズムも改善されるなど、良好になっていきました。

私もT君の気持ちに応え、自信を取り戻してもらいたいとの一心から、勉強面はもとより、T君のしたい話に耳を傾け、共に悩み、共に考える時間を大切にしました。

T君が塞ぎこみ、部屋に閉じこもったことも幾度かありました。
このような時でも、ドアの外から話しかけてドアを開けてくれるまで居たこともあります。学習面でも精神的負担にならないよう、課題の調整や設定等、彼の意欲を削がないよう対応に努めました。

ただ勉強を教えるだけの存在ではなく、一緒に高校探しから始め、将来の夢なども語れる関係になり、そうして二人三脚で歩んできた結果、第一志望校である新宿山吹高校に合格することができました。かなり高い倍率でしたが、それだけに合格したときは本当に心の底からお互い喜びを分かち合うことができました。

人はきっかけ一つでいつでも変わることができ、チャンスを掴むことができます。
プロ家庭教師のジャンプでは、より質の高い学習内容に繋げるためにも、生徒さんの気持ちに寄り添い、生活面からサポートします。

生徒さんとの信頼関係を第一に考え、目標設定から達成までをサポートし、一人でも多くの笑顔を見られることがプロ家庭教師としての私達の楽しみであり、喜びでもあります。

プロ家庭教師のジャンプ | 受験・不登校・発達障害・資格取得