群馬県の家庭教師

群馬県の生徒さんへプロ家庭教師のジャンプからのお知らせ

範囲が狭いからこそ

2013/05/20

ゴールデンウイークも終わり暑い日が続いていますが、皆さん体調管理は万全でしょうか?
5月は昼夜での寒暖差が激しい季節・・。テスト前に風邪を引いてしまった、なんてことにならないように気をつけましょうね!

さてさて、
中間テストまで残りわずかという人もいるかと思います。
皆さん準備は進んでいますでしょうか?

今回の中間テストの単元は比較的簡単で分かりやすい、範囲は狭い、だから“これくらいの勉強でいいや”という気持ちになりがちです。
確かに新学期が始まって1ヶ月と少しですから、範囲が狭いのは分かります。
しかし、簡単でわかりやすいと思うのは、勝手な解釈でしかありません。

例えば数学。
春~夏までにはどの学年も計算問題が主になってきますが、テストでは1問あたりの配点が低く問題数が多いのも事実です。
ということは、50分間という限られた時間の中でいかに早く正確に処理できるかがポイントになってきます。

さらに定期テスト特有の、“用語を覚える ”こともポイントです。
例えば中1の正負の数で習う、自然数、絶対値、累乗、結合法則、交換法則など・・
これらの用語を (  )の穴埋めで書かせる問題も出題されますので、用語の意味をしっかり理解していなければ得点できません。

学校の先生は普段の授業を聞いているか、確認するためのテストを作ります。
定期テストの範囲表に、“教科書・ノートをしっかり見直しておくこと” と備考欄に書いてあることがよくありますが、ただパラパラと読むのではなく、やり方や用語の意味をしっかり理解して見直してく必要があります。

範囲が狭いからこそ、勉強量が少なくていいや・・ ではなく
範囲が狭いからこそ、教科書・ノートを隅々まで理解するぞ!という気持ちを持ち、テスト勉強に臨んで下さいね♪
ジャンプの先生も、皆さんの勉強が円滑になるようサポートさせてもらいます!

プロ家庭教師のジャンプ | 受験・不登校・発達障害・資格取得