注意欠陥/多動性障害(ADHD)チェックリスト

傾向・対策方法など診断テスト

注意欠陥/多動性障害(ADHD)のチェックシート

発達障害のプロ家庭教師 ADHDとは、年齢や発達に不つりあいな不注意さ(集中力が続かない、気が散りやすい、忘れっぽい)や多動性(じっとしていることが苦手)、衝動性(思いつきの行動)を特徴とする発達障害です。
周りの人から否定的な評価を受けやすく、保護者が「しつけが悪い」などの誤解を受けることも少なくありません。 ADHDのチェックシートを作成してみましたので,日常生活でのお子様の状態把握にご利用ください。
(注)ここでのチェックは大まかなもので、状態を正確に診断するものではありません。

フリーダイヤルにて詳細・金額・価格ををお問い合せください

不注意に関するチェックシート

以下の質問に対して、下記の1~4の数字をチェックしてください
1.ない 2.まれにある 3.ときどきある 4.よくある

質問内容

1 2 3 4

忘れ物が多く、物をなくしやすい

授業や遊びで注意を集中し続けることが難しい

話しかけられているのに、話を聞いていないように見える

指示に従えず、また作業(宿題など)を最後までやり遂げない

興味があるものには集中しすぎてしまい、切り替えが難しい

行動が他の子より、ワンテンポ遅れる




多動性・衝動性に関するチェックシート

以下の質問に対して、下記の1~4の数字をチェックしてください
1.ない 2.まれにある 3.ときどきある 4.よくある

質問内容

1 2 3 4

手足を落ち着きなく動かしたり、着席していても、もじもじしたりする

授業中立ち歩いたり、場面にそぐわない行動がある

過度にしゃべる、質問が終わらないうちに答える

順番を待つのが難しい

ささいなことで手を 出したり、大声を出したりする

突発的に行動することがある




学習障害・ダウン症・自閉症の無料相談

個性やレベルにあわせた指導「こんなお子さんにおすすめ」

● 集団への一斉の指示では理解できない
● 忘れ物が多く、物をなくしやすい
● 授業などに集中し続けることが難しい
● はなしを聞いていないように見える
● 思いつきや、突発的な行動が多い
● 就学、進学を控えての不安がある
● 学校になかなか行けないお子さまの補習指導
● フリースクール、学習塾に行かせたいが対人関係に不安がある


フリーダイヤルにて詳細・金額・価格ををお問い合せください
家庭教師が自宅学習をしっかりサポート 小学生コース 中学受験コース 中学生コース 高校生コース 無料体験 資料請求 プロ家庭教師 小中学生 6.5%に発達障害の可能性 不登校の統計と定義まとめ 不登校・学習障害 LD 中学生の苦手科目克服コース 家庭教師のジャンプを選んだ理由は?

こんな生徒さんに最適です!

  • 学校の授業についていけない
  • 部活と勉強の両立が難しい
  • 塾に行っても成果がでない
  • 塾への夜道が不安だ
  • 勉強のヤル気がでてこない
  • 定期テストの成績を上げたい
  • 学校に行くのが嫌になった
  • 偏差値30台からの受験
そんな生徒さんにおすすめ TV-CMを見る