埼玉県の家庭教師

埼玉県の生徒さんへプロ家庭教師のジャンプからのお知らせ

沙漠の魅力

2014/08/21

暑いですね。

暑いので沙漠のお話を。

サハラ沙漠中央部のタッシリ・ナジュールに残されている太古の人類が描いた岩絵には、ゾウ、キリン、サイ、ワニ、牛、馬などの動物が描かれており、今は不毛の地である大地が、かつては緑豊かな土地で、それを描いた人類が生活していたことを物語っています。やがて、何千年もの歳月を経て、これらの地も乾燥がすすみ、人類が生活できない沙漠となってしまったようですね。

しかし世界の文明は沙漠と密接な連なりをもってきました。例えば古代エジプト文明は、サハラ沙漠東端で生まれました。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教を生んだ「唯一の神」は、過酷なシリア沙漠の中で誕生しました。中央アジアのシルクロード沿いには、桜蘭など、かつては東西文明を結び栄華を誇ったオアシス都市が沙漠の下に眠っています。

このように、人類は沙漠と共に生きてきたし、今も生きています。現在世界の沙漠地帯で生活している人口は1億人を超えるといわれ、世界には日本列島の面積をはるかに超す沙漠もあります。アメリカには先端産業が発達している沙漠地帯があります。

アタカマ沙漠は植物がまったく生えておらず人陰も見えません。一方アリゾナの沙漠にはサボテンなど多くの種類の植物があり、アタカマ沙漠とは全く異なった景観となります。

沙漠のような過酷な環境でも人類を含め、多種多様な生命が適応しているのは感動です。

沙漠のことを思えば気持ちの面で日本の暑さをしのげるかもしれませんね。

中村先生

プロ家庭教師のジャンプ | 受験・不登校・発達障害・資格取得