埼玉県の家庭教師

埼玉県の生徒さんへプロ家庭教師のジャンプからのお知らせ

基礎知識の反復学習法で志望校合格

2015/08/21

川越市に住むCさんは、テニス部中心の生活を送る高3生でした。

ご家族が医療関係の会社に勤務されていたことから、病院や薬局の話を聞く機会があり、生物にも興味があったので、薬学系への進学を考えていました。

高3になり、周囲も受験を意識し通塾し始める等、部活から受験勉強にシフトしているのはわかっていました。

しかし、塾の集団授業についていけるかな…

友人達と同じところだと周囲が気になって、勉強が手につかなくなるかも…

と焦りと不安を抱えていました。

他に自分に合った良い選択肢はないかとインターネットで調べていたところ、大学受験対策にも対応しているプロ家庭教師のジャンプと出会い、入会しました。

入試の必須科目である化学が主な指導科目でした。

基礎知識を暗記しながら、問題を解いて理解する流れで勉強を進めていきました。

参考書の説明だけでは理解が不充分なところは、まとめノートを使ってより詳しく噛み砕いて説明し、納得した上で暗記をするようにしました。

暗記は個人で頑張ることになる作業なので、抜き打ちで小テストを行ったり、休憩時間に覚えたことを説明してもらったりとアウトプットをすることでそのモチベーションを保ってもらうようを心がけました。

また、基本・頻出・応用と数多くの問題に当たり、実践を積んでいくことで、基礎知識を使えるように練習しました。

初めは、参考書の例題を使って解説した後、基礎・頻出問題を一通り解き、解けたものにはチェックを入れていきました。

2周目は、最初に解けなかった問題に再挑戦することで知識の定着具合を確認しました。

3週目辺りから応用問題も取り入れながら、幾つもの知識を組み合わせて解いていくことで、知識の理解を深めていきました。

短期間で集中的に要点をとらえていく指導となりましたが、志望校の一つである、帝京平成大学薬学部に合格することができました。

まずは自分の言葉に置き換えて理解をし、定義や公式を覚える癖が付くと、思いの外、暗記が苦ではなかったようです。

大学受験を通して築き上げた独自の勉強法を大学や国家試験での勉強にも役立てて貰いたいと思いました。

プロ家庭教師のジャンプ | 受験・不登校・発達障害・資格取得