埼玉県の家庭教師

埼玉県の生徒さんへプロ家庭教師のジャンプからのお知らせ

集中力がない子供への学習の取り組み方

2015/12/11

さいたま市在住のMさん(中2)は、学習の提案や注意点等をすぐに実践できる、素直で人と話をすることが大好きな生徒でした。

本人のやる気はありましたが、文字の読み書きが苦手なためすぐに気が散ってしまい、しかもその状況に気付きにくいことを悩んでいました。

みんなと同じように読んだり書いたりしたい。

気が散ってるよ!

と言ってくれる人がいたら、もっと勉強がはかどるのに…。

塾も考えたけど、集団で勉強する環境が合わない気がするので

やっぱり、

自宅でマンツーマン指導をしてもらいたい!

苦手な文字の読み書きをじっくり教えてもらいたい!

との理由から、プロ家庭教師のジャンプに入会されました。

学校からは毎回提出課題が出され、進級時の評価にも大きく関わってくるため、指導時はまずは課題を仕上げることから始めました。

読み書きが苦手なため、教科書を読んだり、ノートとったり等、授業についていくことも難しくなっていました。

そこで、

授業内容をひらがなでメモしよう!と提案し

板書をひらがなでメモをするトレーニングを始めました。

そのメモを、課題と照らし合わせながら提出課題に取り組みました。

また、これから生活していく上でも困らない程度に文字の読み書きができるようになりたいと、カタカナと小学校低学年レベルの漢字から集中的に学習を積み重ねていきました。

その際には、

文字はできるだけ大きく書く!

形や組み合わせで覚える!

音やリズムで関連付けて体で覚える!

自信がつくまで繰り返す!

ことを目標に、時間をかけて、本人の納得が行くまで
習得に努めました。

指導時にも無意識のうちに意識が散漫になることがありました。

そんな時には、

おーい!
今、何する時間かな?

と声を掛けると、

あっ!
またやっちゃった…
気を付けなきゃ。

と勉強を再開する繰り返しでした。

しかし、

家庭教師の先生が来る=勉強に集中する

といった繋がりを意識し積み重ねていくうちに、他のことへ意識が向くことも減少していきました。

休憩時には、学校での出来事やお気に入りのマンガやゲームの話を楽しそうに話してくれました。

夢中になりすぎて言葉が聞き取りづらくなることがあったので、

丁寧にゆっくりと!
急がなくて大丈夫だよ。

深呼吸してから話そう!

と落ち着いて伝えるトレーニングにも取り組みました。

また、言葉に詰まった時は生徒が伝えたいことを推測しつつも、口を挟まずに言葉が出るように促すことを心掛けました。

先生にわかってもらえるように話すように気を付けたら、話したいこともまとまってきた気がする!

と、話すというコミュニケーションの取り方も徐々に身に付けられるよう意識付けを試みました。

生徒にとって身近な存在になるほど、ゆっくり見守ることがなかなか難しいことですが、家庭教師という立場から、できるようになったことを一つ一つ確認し、褒めながら、成長を実感することができました。

これからも、生徒一人一人を自立へと導く指導に努めたいと思います。

プロ家庭教師のジャンプ | 受験・不登校・発達障害・資格取得