静岡県の家庭教師

静岡県の生徒さんへプロ家庭教師のジャンプからのお知らせ

学調対策追込みの時期

2013/08/19

 先日、生徒さんが次々体調不良になってしまう
謎の週がありました。
謎と言っても、原因は案の定熱中症のようです。
最近では人間だけでなくペットの熱中症による
死亡例なども多く、気が抜けない日々です。

そうは言っても、最近はようやく夜は涼しくなって
少しずつ勉強しやすい気候にはなってきました。

 そんな中、中三生の皆さん数えてみて下さい。
9/3まであと何日ありますか?

そうなんです。もうあと二週間なんです。
いつもの定期試験のテスト週間と同じだけしか、
もう残っていないのです。

しかし、よく考えてみて下さい。
いつもの試験と何が違いますか?

そうです。わかりやすく範囲が違いますよね。
普段の試験範囲は「教科書P25~P37」みたいな
部分指定ですが、学調の試験範囲は全部です。
今まで勉強した全単元が、県内全校で指定され、
他校の生徒さんたちと、同じ条件で戦うことになる
訳です。通常の試験とは重みが違ってきます。

また、この試験は少々注意も必要なのです。
というのも、例年こんな声が聞かれます。

「学調って、成績に入らないんだってー。
 じゃ、別に頑張らなくても良くなーい?」

こんな感じの声です。
まず、このような人たちが重視しているのは、
「内申点」を決める上で学調が重視されるかどうか
なのですが、どうしてそこを気にするのか…。
内申点が低いと、志望校を受けられないからです。
更には受験に合格出来ないからです。

しかし、知っていますか?
受験に重視されているのは内申点だけではない
ということを…。
皆さんは部活を頑張りました。まだ引退しておらず、
今も大会に向けて練習を重ねている三年生も
いると思います。その大会の結果、努力の結果も、
調査書には記載されます。その他課外活動や、
個々の努力によって取得した資格も記載されます。

お解りでしょうか?中学校生活の努力は全て、
調査書に刻み込まれる
と考えて良いです。
その上で今から重要なことを言います。

二回の学調の結果を元に、先生方は皆さんの
進学先・志望校を確定し、それをもとに皆さんや
保護者の方を交えて最終進路相談をするのです。
つまり、学調で志望校の点数を超えていないと、
志望校を受けさせてすらもらえない
のです。

伝わったでしょうか…、無視できる試験などない、
大事でない瞬間などないということが。

内申さえつけば…、試験で平均点さえつけば
授業中の授業態度なんてどうでもいいとか
そんなことは一切なく、実力テストや学調が、
定期テストよりも格下ということもないのです。
大事なのは、常に全力を尽くすことです。


お尋ねします。

今、夏休みもそろそろ終わろうとしている今、
あなたは毎日全力を尽くしていると、自信を持って
言い切ることが出来ますか?

学調は二回あるから、一回目は捨てて良い…
なんてことも絶対にないので、ここで気合いを
入れ直しておかないと、12月の面談時に後悔します。

カウントダウンは始まっています。
一日一日を無駄にしないように、今できる事を
全力でやり抜きましょう!!


最近は夏バテと格闘中の  松永でした。

プロ家庭教師のジャンプ | 受験・不登校・発達障害・資格取得