静岡県の家庭教師

静岡県の生徒さんへプロ家庭教師のジャンプからのお知らせ

オール1からの志望校合格

2015/05/27

藤枝市に住む中学2年生のY君は、一度興味を持つと集中力を発揮する生徒でした。話すことも大好きで、時には止まらなくなることもあるほどです。

しかし、学校の成績はオール1。
これには本人もショックを受けました。

自宅付近には多数の学習塾がありました。Y君も通ってみましたが、そこでの人間関係に悩まされ学習意欲を喪失していました。

その頃、学校見学に行ったことをきっかけに、ユニークな授業で基礎から学び直せる島田樟誠高校への進学を希望するようになりました。

でも、何をどうしたら良いのかわからない。

そこで家族会議をし、先ずは勉強習慣を身に付けることから始めようということになりました。
そして周囲を気にせず、マンツーマン指導をしてもらえるプロ家庭教師のジャンプに入会されたのです。

主な指導内容は、英語、数学、定期試験対策でした。
しかし志望校合格レベルまで成績をあげるためにはそれだけでは足りません。
学校で課されている日記帳の内容を確認し、提出物の準備と期日に提出させるところまでの管理、発表課題の準備、ノート作りのサポート等も努めました。

入会当初は宿題もしっかり取り組み提出できていましたが、次第に怠るようになり、指導中の集中力や態度にも士気の低下が見られるようになりました。

これは慣れてくるとよく起こることですが、そのままでは困ります。
やる気を取り戻してもらうことを最優先に、より一層生徒とのコミュニケーションを大切にし、宿題内容の確認テストができた時は

「凄い!やったね!宿題でやったことが定着してるよ。」

などと、生徒が自信を持って前向きに学習できるように、声がけを大事にしました。

また、Y君は家族に対して反抗的な言動をとることがありました。
本人から話を聞くと、周囲の目を気にしすぎる余り、その苛立ちやストレスからのようでした。

より良い環境のためご家族とも話し合い、本人の気持ちを伝えました。
結果、様々なことは思い違いであることがわかりました。すると安心したようで、中3になる頃には少しずつ落ち着いていきました。

最終的には念願の島田樟誠高校に合格!
晴れて高校生活をスタートさせたのです。
自分の希望を、自らの努力で叶えたY君の表情はとても晴れやかでした。

「先生が家庭教師で来てくれて良かった!!」

と言ってもらえた時は、すべてが報われた気がしました。

私は、家庭教師として学習面の向上を助けるだけではなく、家庭と協力した総合的なコミュニケーションの大切さを学ぶことができたと感じています。
これからも、生徒一人一人に合ったコミュニケーションを心掛け、指導にあたりたいと思います。

プロ家庭教師のジャンプ | 受験・不登校・発達障害・資格取得