神奈川県の家庭教師

神奈川県の生徒さんへプロ家庭教師のジャンプからのお知らせ

カードゲーム式のローマ字学習法

2016/01/22

「カードゲーム式ローマ字学習法」

今回は、ローマ字が苦手な生徒に対するローマの字習法についてお話しします。

ローマ字の授業では、指導冒頭の 5 ~ 15 分を使って、ローマ字の書かれたカードを使ったゲームで、楽しくローマ字に触れてもらいます。

初めてローマ字を習い、すぐに読み書きをすることは簡単ではなく、ある程度練習をして慣れる必要があります。

しかし、単に書くだけ、読むだけでは、生徒が苦痛に感じてしまい、ローマ字に対して嫌なイメージを持ってしまいます。

それではもったいない。

そこで、ローマ字に親しみが持てるように、指導内容にも工夫を施しています。

具体的には、

「あ」「A」から「ん」「N」までのローマ字とひらがなが書かれたカードをそれぞれ用意して、先生対生徒 でゲームをしました。

「ローマ字組合せゲーム」では、ひらがなカードで作った言葉と同じ言葉をローマ字カードで作ります。
正確に沢山言葉を作った方が勝ちです。

勝負となると生徒の競争心も掻き立てられ、

先生、
「い」「ぬ」って「I」と「nu」だよね!
これもう覚えた。
もっと、もっと!

とローマ字に対する苦手意識を払拭し、いつしか率先して参加するようになりました。

「ローマ字七並べ ゲーム」では、

最初にローマ字カードの
「na」行をならべ、「na」の両隣には「ta」と「ha」を置くことができる

というように、トランプの七並べと同じルールでローマ字での50音の表記を完成させるようにしました。

宿題としても、ご家族で楽しみながら学習できるように、ローマ字のカードゲームを生活の中に取り入れてもらっています。

授業を聞くだけでは実感しづらく、印象に残りづらい内容の学習では、集中力も続きません。

ゲームを通して、手を動かし、声に出しながら、体感型の学習により、無理なく必要な知識を習得することで、学ぶことの楽しさが生徒に伝わってくれると嬉しいです。

プロ家庭教師のジャンプ | 受験・不登校・発達障害・資格取得